日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ミャンマー:プーマ・エナジー社、2019年頃にLPG配布を開始
2018-07-04

6月28日にユニオン・ビジネスセンターで行った記者会見において、シンガポールのプーマ・エナジー社は2019年頃に調理用液化石油ガス(LPG)の配布を開始すると発表した。

プーマ・エナジーの商業マネージャーであるWai Hlyan Min氏は、「当社はLPG市場に関する調査を実施しています。私たちはできるだけ早く投資を行います。それは2019年から2020年ごろに実現するでしょう。」と述べた。

プーマ・エナジーの市場調査によれば、ミャンマーはLPGにおいて最も有望な潜在的市場である。同社は市場に異なるサイズのLPGを配給する。

他の国に目を向けると、LPGは主に調理で使用されている。主にLPGのシリンダーに焦点を当てている。

電気・エネルギー連合大臣であるWin Khaing氏は、ヤンゴンにLPGターミナルが開設されたと述べた。 2,000トンまでLPGを積載できる船でLPGを輸送する計画が進行中であると語った。

Phyo Min Thein氏・地域連合主席は、2018年度のヤンゴン投資フォーラムで電力にアクセスできる家のほとんどは電気を使って料理をしていると語った。 LPGセクターへの投資は、人々が料理において電気ではなくLPGを使用するよう促すために必要である。

プーマ・エナジー・インターナショナルは世界的なエネルギー会社である。その事業は47カ国以上にまで及んでおり、石油製品の範囲の供給、貯蔵、精製、流通、および小売を網羅している。

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top