ミャンマー:ミャンマーは外国の農業分野への投資を80%まで許可

ミャンマー投資委員会(MIC)によると、外国企業はミャンマーの農業分野では49%の代わりに80%まで投資することが認められている。

この許可を通して米工場への投資はある程度まで増加した。外国人が完全に投資できるようになるにつれて、より多くの投資が種子生産事業に行われている。

Than Aung Kyaw氏は、「外国人が100%投資する機会があるため、種子生産事業への投資が増えている」と述べた。

MICは、同国の農業分野における付加価値製品の製造に、より多くの外国からの投資を期待している。

「より付加価値の高い農業製品が製造できるようになることを期待している」と同氏は語った。

MICによると、ミャンマーの農業分野への国内外の投資額は、全部門の投資総額のわずか1%に過ぎない。

DICAからのデータによると、今年6月までに農業分野への外国の投資は565万ドルになると評価された。1988-1989年度から2017-2018年度にかけて、農業分野における外国投資の数値は3億9,100万米ドルとなった。

ミャンマー語翻訳者:ニン