News

ミャンマー:ミャンマー政府、外資企業の米などの輸出を許可

2020-07-15

商務省(MOC)は、6月6日に発表された通知24/2019に従って、外資企業および合弁企業が特定の食品および商品を輸出することを許可する予定である。

推薦状をもつ外資企業が地元生産者から商品を購入し、輸出するためのライセンスが発行されるという。

ミャンマーの輸出品の質と国内の商品に対する国際的な需要を高め、国内生産者の収益を上げることが狙いだという。

MOCは米や肉、魚、付加価値のついた作物、パルプ、紙類、種子、精製金属、果物の半製品、または完成品、そして木製家具を含む合計7品目の輸出を許可した。

さらに、ミャンマーの外資企業は豆やトウモロコシだけでなく、付加価値のついた米を輸出することが許可される。

ヤンゴンのBayintnaung Marketの秘書であるU Than Oo氏は、外資系企業はより大規模な資本金とマーケティング・ネットワークがある為、地元の生産者にとって競争がさらに激しくなる可能性があると述べた。

「その一方で、バイヤーが増える可能性がある。これは農家と生産者にとって良いことだ。成長と輸出品の質を高める為に重要であるため、政府は農業部門への外資投資の受け入れを引き付けるだろう」と同氏は述べた。

ミャンマー米連盟によると、2018年10月〜2019年5月までの間にミャンマーは4億7000万ドル相当の150万トンの米を輸出した。輸出された米の3分の1は中国へ、45%はEUやアフリカへ渡ったという。

最近、ミャンマー投資委員会は、シンガポールで上場したWilmar International社に、米および米粉、米ぬか、こめ油、米を含む関連製品の製造、販売、流通を行う現地合弁会社Wilmar Myanmar Riceland Ltd社の設立を許可した。

 

参考記事:https://www.mmtimes.com/news/govt-allows-foreign-companies-export-rice-other-commodities.html

 

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top