日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ミャンマー:三菱電機株式会社、ミャンマー発電公社向けのガス絶縁開閉装置と変圧器を受注
2018-10-31

三菱電機株式会社は、ミャンマー発電公社(EPGE)向けに、ガス絶縁開閉装置(GIS)46 台、変圧器 7 台、他の機器供給を、関連会社の三菱電機アジア(タイ)を通して、受注したことを報告した。2021 年の運用開始に向けて、2019 年から順次出荷を開始する予定である。

今回の受注は、ミャンマー連邦共和国向け円借款プロジェクト「インフラ緊急復旧改善事業フェーズ 1 パッケージ 2」において受注したもので、当社は、信頼性の高い機器を提供することで、ミャンマーの電力供給の安定化とさらなる経済発展に貢献する。

ミャンマーでは、経済発展に伴う電力不足の解消が大きな課題となっており、電力インフラの整備が行われている。その中で、老朽化した変電所の改修・増強が短期的な重点施策として掲げられている。

当社は、既設変電所の限られた屋外スペースにも設置できるコンパクトな GIS や、輸送条件が整っていない地域でも輸送が容易な特別三相式変圧器(分解可能な大型変圧器)を国内外で多数納入しており、その実績と高い品質などが評価された。

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top