News

ミャンマー:工業省は日本企業と土地契約を締結

2018-10-24

工業省は、日本の不動産会社であるミャンマー現地法人NSKRE(新日鉄興和不動産) Residence (Myanmar) と土地賃貸借契約を締結した。

ビルマ製薬工業所有であるヤンゴンの土地で、日ミャンマー合弁不動産会社は、10月6日に締結された合意に基づき、1.48エーカーの土地に12階建ての住宅を建設し、BOT(Build Operate Transfer)システムで50年間運営する権利を持つ。

マン・ミャンマー・ファミリー社、アジア・ビジネス・ソリューション社、新日鉄興和不動産株式会社により、ミャンマー現地法人NSKRE Residence (Myanmar)が構成された。

12階建ての建物には、フィットネスセンター、ミニマート、レストラン、ビジネスオフィス、駐車場、230戸の居住用アパートメントがある。これにより、日本の潜在的な投資がさらに増える。

大臣は、企業に高品質基準を策定し、要件とSOPを満たし、安全基準に優先順位を付けるよう指示した。

政府はまた、土地の使用、賃貸料、その他の税金に対してプレミアム料金を徴収する。経済委員会の合意に基づく賃貸期間の終了後、開発者はビルマ製薬工業にプロジェクトを返却する必要がある。

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top