日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ミャンマー:日本はより多くの天気予報訓練トレーニングを提供
2018-12-13

国際協力機構(JICA)は、運輸省水文気象局(DMH)に天気予報技術訓練トレーニングを提供する。

JICAは、トレーニングプログラムのために30台の自動天気予報ステーションと3台のレーダーを寄贈したが、これまで計画されていたトレーニングでは不十分であるとDMHのディレクターであるU Kyaw Moe Oo氏は述べた。

「我々の気象予測を改善するため、日本はより多くの技術的援助を提供する」と同氏は先週、両機関による合意書の調印式で語った。

日本の専門家は、気象観測所が設置されているNay Pyi Taw、Yangon、Mandalay、Kyaukphyuで訓練を行う。

ミャンマーの技術者のためのメンテナンストレーニング、監視装置、国民が予測を理解できるよう助けるプログラムは、契約の一部である。

ミャンマーは他の国と比較して多くの点で遅れているため、一般市民が瞬時に予測を知ることができるよう、改善が必要であると、U Kyaw Moe Oo氏は述べた。

「成功した天気予報だけが農業部門の発展につながるので、同部門は迅速で正確な情報を提供しようとしている。これらの機器を使用するなら、天気予報がより正確になり、水資源、エネルギー、産業の管理にこれらの機器を使用することができる。」と同氏は語った。

ミャンマーは、2008年にサイクロン(台風)「ナルギス」の被害を受けた後、天気予報システムを改善するために国際的な支援を受け始めた。

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top