日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ミャンマー:日本はバガン空港のグレードアップのために援助する
2018-07-12

日本政府は9月マンダレーのニャンウー空港をグレードアップするために資金提供を決定する予定である、とU Ye Htut Aung民間航空局副局長はミャンマー・タイムズ紙に語った。

日本とミャンマーの政府は、バガンとその周辺の古代遺跡を訪れる観光客にサービスを提供できる空港へグレードアップするプロジェクトに合意し、日本の内閣がこのプロジェクトを承認すれば、今年末までにプロジェクトの助成金を交付することができる、と同氏は述べた。

「承認を受けた後、日本政府は滑走路やエプロンなどの航空施設を建設するために48億円(604億MMK)を援助する。日本の民間企業は空港ビルに3000万ドル(418億MMK)を投資する」とU Ye Htut Aung民は語った。

彼は、「このプロジェクトには2つのフェーズがあり、第1フェーズでは、より多くの乗客を処理できるよう空港の発着枠を高める作業に焦点を当てている。第2フェーズでは、新しい滑走路とターミナルを建設する予定である。」と付け加えた。

「ヤンゴン、マンダレー、ナイ・ピー・タウの国際空港の運営方法と同様に、日本企業は整備後に空港を運営するが、ミャンマーは空港から利益の一部を受け取ると同時に、通常の監督役割を果たす。」と彼は語った。

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top