日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ミャンマー:日本はミャンマーの廃棄物処理を支援
2018-09-05

日本は廃棄物管理の技術をミャンマーに提供して、急激に増えているゴミ問題への対処を支援する。

この支援は、日本国環境省とミャンマー天然資源環境保全省が月曜日に締結した環境保全に関する覚書の中で公式化された。

「日本は主に技術を提供することで私たちを支援する。日本の20年の経験から、私たちはゴミを効果的に管理するこ方法について早めに学ぶだろう。」と、環境保護省の政策と法務担当ディレクターのU Kyaw San Naingは述べた。

日本は、ミャンマーの廃棄物の分別と処分を体系的に支援する。

台所、病院、電子の分野など、さまざまな種類の廃棄物の中で、ミャンマーは台所の廃棄物の管理に最も困っている。

「日本のごみ処理システムを採用したいのであれば、台所ごみを分別処理することが必要である。ごみが分別されてカテゴリごとに分類されることで、ゴミ収集車は廃棄物の種類ごとに収集することができる。このシステムは徐々に効果的に導入されるが、まだいくつかの問題点がある」と同氏は語った。

適切な廃棄物管理の促進に加えて、日本は、炭素排出量の削減、生物多様性の保全、気候変動の影響の緩和も支援する。

「この覚書を通じて、私たちは彼らの経験、知識、技術に基づいて良いアドバイスと指導を得ることができる」と天然資源環境保全大臣のU Ohn Win氏は述べた。

日本は現在、ヤンゴンの廃棄物からによるエネルギー回収の工場を運営している。

大臣は、「6つの省でエネルギープロジェクトが計画されている」と付け加えた。

継続可能な開発のために廃棄物管理を改善することは重要であると、日本の環境保全大臣の伊藤忠彦氏は述べた。

「事実上協力しなければならない。両国の一致した努力によって、健全な環境保全政策を立てることができるようになる」と同氏は語った。

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top