News

ミャンマー:日本はミャンマーの鉄道リフォームを資金提供

2018-09-21

ミャンマー・タイムズ紙の報道によると、日本企業は、先週契約を結んだ後、ヤンゴン – マンダレー鉄道のバゴ・ニャンレビン地区をアップグレードする。

詳細は、融資やコンサルタントによるプロジェクトの支援を行っている国際協力機構(JICA)によって発表された。

このプロジェクトは、日本の最新の鉄道技術を使用してミャンマー鉄道の枠組みの下で実施されており、2023年までに完成予定である。

JICAはまた、ヤンゴン – マンダレー鉄道の他の地区でのグラントや低金利ローンによる資金的なアップグレードを財政的に支援している。

この4年間のプロジェクトは、日本のエンジニアによる橋梁や造園を含むYangon-Mandalay全線621.2km全体をアップグレードする。今回の提携の一環として、日本は、新たな鉄道設備を導入し、既存の車両やエンジンを完全に復旧する。

ミャンマータイムズ紙の声明で、JICAの関係者は、「乗客は静かな慰めで都市間を移動するだろう」と述べ、列車エンジンと乗用車を修理して国際基準にすると付け加えた。

プロジェクト全体は3つの地区に分かれている。 Yangon-Toungoo、Taungoo-Yamethin、およびYamethin-Mandalayが含まれる。

ミャンマー鉄道は、主にJICA融資の形で24億米ドルの債務に借り入れられる。

完了すると、2都市間の移動時間は14時間から8時間に短縮される。 今日、列車の時速は約60キロで走行しますが、アップグレード後に100キロの速度を達成できるはずである。

鉄道はヤンゴンとマンダレーの間の商業の本質的なリンクですが、国内での航空旅行を避けたい観光客にも人気がある。 鉄道旅行は私的バス旅行よりも安全だと考えられている。

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top