ミャンマー:日本はFDIのリストでリード

投資企業管理局(DICA)の取締役会によると、今年の4月から6月にかけて、日本は外国直接投資のリストを8,500万ドル以上上回った。

3カ月間で見ると、日本は第一位(8515.7万ドル)であり、第二位は中国(7533.5万ドル)、第三位はアメリカ(約5600万ドル)であった。

小規模予算期間の4ヶ月間では、ミャンマー投資委員会(MIC)のFDIは約8億3000万米ドルに達した。

DICAのThan Aung Kyaw副局長は、「同国への実際の投資流入は、12億ドルに達した。ミャンマーの会社法に基づき、FIDの流入が30億ドルという目標を達成するかどうかを監視する必要がある」と述べた。

6カ月間の小規模予算期間中、FDIの流入は30億米ドルに達すると予想されている。しかし、FDI流入ではその目標を達成することは難しい。MICによると、8月以降のFDIの流入を監視する必要がある、とされている。

ミャンマー語翻訳者:ニン