News

ミャンマー:発電機の販売代理店、2ヶ月で売上を倍増

2020-08-05

 

供給が需要に追いつかないため、ヤンゴンの停電の数は昨年に比べ増加し、多くの企業に影響を与えている。

可搬式発電機の輸入販売を行うAung Thein Than会社のU Aye Tun最高責任者によると、ビジネスの業績は好調だという。今年、発電機の販売とレンタルの売上は2倍になり、修理と保守サービスの需要も増加した。

U Aye Tun氏によると、インフラ不足によってヤンゴンでは定期的な停電が続いているという。また、電力不足に対応するため、住宅用や商業用に可搬式発電機の需要が急増しているという。

工業規模の発電機は、多くの工場や建設現場がすでにバックアップ用に使用しており、最近、修理とメンテナンスの仕事も大幅に増加した。

「我々は通常、建設、鉱業、電気通信で使用される大型産業の発電機にサービスを提供しているが、今年は、電力不足のため、家庭やオフィスからの販売や賃貸、修理の仕事が2倍になった」と同氏は付け加えた。

別の輸入発電機の現地代理店であるAdvantage Trade会社のU Min Min営業責任者によると、「最近はより高い収益を出している。20キロボルトアンペア(kVA)〜100 キロボルトアンペアの中国製発電機の住宅需要と商業需要は倍増し、突然、当社の売上および補修サービスは飛躍的に向上した」と語った。

米国よりも安価な中国から輸入された発電機は、これまでのところベストセラー商品となっており、10キロボルトアンペアの発電機は約100万チャットで販売されている。また、消音器と原動機が備え付けられた発電機の価格は3倍以上の約300万チャットである。

一方、KohlerやCaterpillarなどの米国の製造業者によって製造されたハイエンドの発電機は、少なくとも8000ドルの費用がかかる。

 

参考記事: https://www.mmtimes.com/news/power-generator-distributors-double-sales-two-months.html

 

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top