ミャンマー語(ビルマ)翻訳で、以下のような困りごとはありませんか。

グリーンサンによる日英からミャンマー語(ビルマ)翻訳のお悩み解消しましょう。

ミャンマー語(ビルマ)とは

shutterstock_569892337

ミャンマー語(ビルマ語)はミャンマーの公用語です。2007年時点では、3300万人(主にバマー族(ビルマ族))の母国語となっています。バマー族はミャンマーで最も人口の多い民族であり、国の人口の68%を占めています。ミャンマーの他の少数民族では、この言語を第2言語として話す人が約1,000万人ほどいます。ビルマ語は、支那チベット言語のビルマ・ロロ語群に属します。この言語はパーリ語、モン語、英語の影響を受けています。

この言語は2つのタイプに分類できます。1つ目は、書類、新聞、メディアで使用される正統なビルマ語です。2つ目は、通常のコミュニケーションで使われるビルマ語です。2つのタイプの文体があり、意味が異なっています。特にラオス語と違って、ビルマ語にはローマ字への形式的な音訳がないので、多くの音訳は統一されていません。

ミャンマー語(ビルマ)の特徴

① ビルマ文字の由来はインドのブラフミー文字とモン文字から来ています。文字には丸っこい形と半丸型の文字が含まれます。ビルマ語は声調言語であり、主に単音節語で構成されています。ビルマ語の声調は下降調、低平調、高平調、高短調です。ブラハミー文字から派生した他の文字と同様に、ビルマ語の一つの単音節語は完全な音であり、通常は「a」母音の音です。子音は基本字母に付いた記号で表されます。これらの記号は子音を表すだけでなく、声調を表します。

②ビルマ語は敬意と年齢を示す言葉を多く使います。名詞の数を数えるとき、ビルマ語はほとんどの場合ものを「ku」、人を「yau」で数えます。主語-目的語-動詞という基本的な文の構造を持っています。動詞は常に文末に置かれます。特に、動詞 「to be」は主語と目的語の間にあります。この言語はラテン語のような、文法的修飾語はありません。

グリーンサンのミャンマー語(ビルマ)翻訳サービスについて

Vietnamese translation service

経験と専門知識のあるネイティブ翻訳者により、日本語↔ミャンマー語(ビルマ)の翻訳サービスだけではなく、英語↔ミャンマー語(ビルマ)の翻訳サービスも提供させていただきます。

15人以上のプロジェクトマネージャーと30人以上の社内ミャンマー語(ビルマ)翻訳者により、品質検査に関する規制を遵守しつつ、お客様のご依頼内容に迅速に対応し、最高品質の翻訳を提供致します。

グリーンサンの約束

対応可能なミャンマー語(ビルマ)翻訳の分野
技術翻訳・ビジネス翻訳が得意

ビジネス全般 会社登記関連(公証実印あり)・IR情報・金融・セミナー資料。
IT・電子・機械 電気・電子・機械・ソフトウェア・ハードウェア・制御システム・ソフトウェアローカライズ・医療機器 ・土木・環境・水処理・廃棄物処理・ISO・マニュアル。
経済・金融・会計 IR文書、財務諸表、アニュアルレポート、監査報告書
環境・エネルギー JICA研修資料等
医療・医薬 診断書、MSDS、医療論文
法律・契約書 契約書、法令、裁判関連文書
広報、PR 企業ホームページ、CSRレポート、製品パンフレット、ポスター
観光 観光パンフ、観光アプリ、観光用冊子、観光用映像字幕
文化・文芸・エンタメ 小説、アニメ、ゲーム、映画

今すぐ無料トライアルの連絡をしましょう。
(無料トライアルは日本語450文字、ミャンマー語(ビルマ)200ワードまで)

お客様の声

"I was very impressed with everything you have done regarding this project. I have been involved in many translations and this was by far the best. Your report was perfect and the dedication to the translation accuracy is greatly appreciated. Well done.
本プロジェクトの翻訳に大変感銘を受けました。多くの翻訳に目を通してきましたが、今まででベストな翻訳だと思います。報告も完璧ですし、翻訳の正確さも目を見張るものがあります。素晴らしい。"
-BRANDON PARKER
CEO of ASSESSMENTS 24x7

日本の顧客数300社以上