News

ミャンマー:ミャンマーの国家顧問、金曜日に日本を訪問

2018-10-10

外務省は、ドー・アウン・サン・スー・チー国家顧問が、日本総理大臣安倍晋三氏による招待で4日間来日すると火曜日に述べた。
大統領府の広報担当者U Soe Han氏は、10月9日までドー・アウン・サン・スー・チー氏が日本に滞在すると述べた。国家顧問は、10月8日と9日に東京で開催される第10回メコン・ジャパン・サミットに出席し、日本のリーダーと二国間協力について話し合う予定である。
「日本政府が予定している会議に出席し、福島県の農場を訪問し、日本の農業分野について学ぶ」と広報担当者は述べた。
両首脳は、既存の協力を見直し、ビジネス関係を再確認し、両国の関係をさらに強化する方法を模索すると同氏は付け加えた。
日本外務省によると、両首脳は、農業、交通、インフラ支援、結び付き、工業地帯、教育、人と人の交流、地域の関与、包括的協調パートナーシップ契約の実施について議論する。
今回のドー・アウン・サン・スー・チー国家顧問による日本訪問は2回目となる。彼女は2016年に初めて東南アジア諸国連合の議会に出席するため訪問した。
8月、河野太郎外相はミャンマーを訪問し、ドー・アウン・サン・スー・チー氏と会談した。
訪問中、河野太郎氏は、西側諸国がラカイン州の難民危機に対してミャンマーに圧力をかけている一方、日本は人権を支援しているためミャンマーへの支援を断念しておらず、ミャンマー政府はラカインで貧困を和らげ、和解を追求するために奮闘してきたと述べた。
ミャンマーは、ラカインの人道危機と州のリハビリテーションのための支援を意欲的に提供する日本の見解を高く評価しているとU Soe Han氏は語った。

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top