日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ミャンマー: スズキ、4車種で分割払い計画を開始
2019-11-27

日本の自動車大手であるスズキ・ミャンマー・モーター社はミャンマーで販売されている4車種において、新しく分割払いの導入を発表した。この新たな分割払いは共同組合銀行(CB銀行)と共同で提供される。

CB銀行とスズキミャンマーは、11月7日ヤンゴンにあるCB銀行本社で分割払い計画の同意書に署名した。11月からスズキ・シアズ、エルティガ、スイフトGL、スイフトGLXを分割払いで購入することが可能になる。

購入者は、11月からCB銀行からの融資を受けて、スズキの車を購入することができるようになる。自動車を購入する際は20%の頭金を払い、その後毎月残額を支払う。

これに加えて、今回の分割払いにはGGI Insuranceが提供する車両保険補償も含まれている。CB銀行は消費者向けの新しい金融サービスを提供することを目的としており、この分割払いは金融サービスの一部であるとCB銀行のU Thein Zaw Tun頭取は語った。

分割払いを選択した際、スズキ・シアズは2700万チャット、エルティガは2720万チャット、スイフトGLXは2410万チャットで購入可能である。

購入者の利便性のため、最大7年間のローンを提案している。このスズキミャンマーとCB銀行の共同計画は、CB銀行の顧客やスズキの購入者にとって益になると信じている、とスズキ・ミャンマー・モーターの浅野圭一社長は述べた。

この分割払い方法で車を購入したい人は、CB銀行でパスポート写真、身分証明書、住民表、警察署からの推薦状原本を登録する必要がある。

購入希望者が会社に勤めている場合、勤務先の人事部からの推薦状、3ヶ月分の給与明細書、半年以上記帳された銀行口座帳簿も提出する必要がある。

 

参考記事: www.mmtimes.com/news/suzuki-launches-instalment-plan-purchases-four-models

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top