日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ミャンマー: ミャンマー企業は国際的なイベントに参加するように勧められる
2019-02-20

 

ミャンマーのMesse Frankfurt Exhibition GmbHの公式代表であるThet Su Hlaing氏は、多くのミャンマー企業が海外へ進出する能力を持っているが、自信がないため、それを行うことに気が進まないと述べた。

「我々はこの市場に関する我々の広範な研究を通して、多くの地元企業が国際基準を満たす高品質の製品を輸出することができることを発見したが、彼らは国内の市場シェアだけでかなり満足している。

Messe Frankfurtの代表として、私たちは現在、ミャンマーを超えて事業を拡大することを奨励するため、精力的に取り組んでいる。私たちは彼らができることを強く信じているので、私たちはそれを推進している」と同氏は語った。

Thet Su Hlaing氏は、消費財業界、家具、職人の技、自動車、繊維と衣服が国際市場へ輸出できる最も有望な部門と考えている。

彼女の会社であるSu Shwe Nadi Trading Coは、ミャンマーの企業が海外での機会を探すよう動機付けを与えるために、各業界の認定企業と積極的に協力している。

「今こそ、グローバルコミュニティの一員になろうとしている。小さなパイから抜け出して、より広い市場に目を向ける時が来た。ミャンマー企業は国際市場で大きなシェアを確保するに値する企業なので、輸出志向でなければならない」と彼女は述べた。

Thet Su Hlaing氏は、地元企業に潜在的なパートナーと提携し、国際見本市に集まって自国の製品を他の国で販売するよう求めた。

「総力を挙げて努力することが、事業拡大の成功への鍵である。私たちは、ミャンマーの企業ができる限り多くのゴールドチャンスを掴むために団結して海外へ行くことを奨励している」と彼女は語った。

海外進出の第一歩として、ミャンマー企業は最初の1年に見学客として国際的なイベントに参加してから、世界中のバイヤーが集まる国際見本市の出展者として革新的な製品を展示するべきである。

文化の一部として、ミャンマーの人々は物事を個別に行うことを好む。しかし、私の経験によれば、海外進出に関しては大規模チームとして団結した方がはるかに良いと彼女は述べた。

「私たちの目的は、地元の製造業者を集め、国際的なイベントへ一緒に行くことで、彼らがより多くの関心を引き、買い手の興味をそそるようにすることである。まとめて、彼らはミャンマー用の特定パビリオンで彼らの製品を展示することができる。それほど目立たない可能性が高い個々のプレゼンスよりもはるかに優れている。」と付け加えた。

 

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top