ミャンマー: 日本企業は新しい廃水処理を提供

 

日本企業は、環境保護により即した建物や産業用の新しい廃水処理技術を開発したと述べた。

IGE Energy Co Ltdは、木曜日にヤンゴン市開発委員会の事務所で、有害な微生物を固定化することができると言われているPVAゲル、またはポリビニルアルコールヒドロゲルを紹介した。

日本のKuraray Coが開発した新技術は、生物学的廃水処理に効果的なゲルビーズで構成されているという。多孔質ヒドロゲルは環境汚染物質の分解に必須の微生物を固定化するのに理想的であり、適している。

「この方法は、最初のステップで廃棄物とスラッジを食べるバクテリアを使用しているため、廃水は以前よりもきれいになり、他の方法とは異なる。」とIGE Energyの最高経営責任者(CEO)であるU Yan Lin Aung氏は語った。

PVAゲルを使用する利点は、処理プラントの建設に必要な面積の削減、廃棄物の脱臭、廃棄物を捨てる時間の短縮、スラッジの割合とメンテナンスコストの削減などがある。PVAゲルは少なくとも10年間使用することができる。

「私たちは建物、産業、そして人々からの廃棄物を処理しようとしている。現地調査を行うことはできるが、作業を完了するためにはある程度の時間が必要である。今の私達はこの方法を紹介するだけである。」と同氏は付け加えた。

4mmの球形ビーズは水中で優れた流動性を持ち、混合のためには最小限のエネルギーしか必要としない。多孔性のため非常に高い水分含量を有し、ビーズの内側に定着した細菌への酸素および栄養素の好ましい透過性を可能にする。PVAゲルの処理能力は、従来の活性汚泥の処理能力を最大5倍まで高めることができる。

YCDCの副局長であるU Khin Hnin Aye氏は、「ミャンマーでは、処理施設を建設する場所を見つけることが大きな問題となっているため、この処理方法は良い方法である。この方法により、必要な面積と廃水処理プラントの建設コストを削減できる。」と述べた。

 

ミャンマー語翻訳者:ニン

Back to top