日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ミャンマー: Wave MoneyチームがMEBと携帯年金支払いサービスを提供
2019-03-27

モバイル金融サービス企業の「Wave Money」はミャンマー経済銀行(MEB)と協力し、携帯による年金支払いサービスの開始を発表した。

Telenor、First Myanmar Investment CoおよびYoma Strategic Holdingsとの間の合弁会社である同社は、木曜日に政府年金受給者にとって年金の支払いをより便利にするため、デジタルの年金支払協定をMEBと締結した。

昨年、Wave Moneyとミャンマー経済銀行は共同で年金受給者向けのモバイルサービスをノースダゴン地区で開始した。

ノースダゴン地区での成功に引き続き、サービスは数ヶ月以内にヤンゴン全体に拡大される予定だ。このサービスはミャンマー国民全員で使用されるようになるだけでなく、貧困層でも正規の金融取引ができるように改善するための解決策を提案することが目的である。

「我々の目標はミャンマー国内の全ての年金受給者に使用してもらうことだ。サービスが普及すれば、年金受給者は迅速に年金を受取ることができるようになるだけでなく、年金の支払いをより効率化することができる」とWave MoneyのBrad Jones代表は語った。

現在、年金受給者は年金電子カードを使用して年金を引き出しているが、引き出しには平均3時間かかるため、高齢者にとってはとても不便となっている。

MEBは協定内容に基づき、携帯の年金支払いサービスを通じて支払いを行う予定だ。これにより、銀行も年金受給者も全国に4万1000店舗以上あるWaveの店舗で簡単に引き出すことが可能になる。

 

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top