日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ミャンマー:CHDBは低コストの住宅ローン期間を増やす計画
2017-12-06

myan 06 12011年11月22日水曜日付のイレブン新聞によると、建設住宅開発銀行(CHDB)は、低コストかつ手頃な住宅購入のための貸付期間を15年から20年に増やす計画だ、と同社のマネージングディレクター、ミィンミィンムー氏は述べた。
同高官は、高所得者が「遅滞なく費用を支払うことができる」ため、高額住宅は除外すると述べた。都市部と住宅開発局(DUHD)から低コスト、ミドルレンジの価格帯の住宅を長期分割払いで購入したいと望む人々は、住宅貯蓄預金口座を最低残高1000チャットで開設する必要がある。
分発払いをする人は毎月の収入に応じて任意の金額を入金することができる。銀行は貯蓄に対する年間利子8.5%を支払う。銀行は、政府が住宅を入手可能とした場合、30%の預金を所有している顧客にアドバイスする。

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top