News

ミャンマー:メトロ キャッシュ&キャリーはミャンマー、ティラワセンター入りする

2017-10-04

MM_myanpress_20171004_39月27日付のイレブン新聞によると、ティラワSEZ倉庫建設の画期的な式典に、メトロ卸売ミャンマー副社長のティパラヤットカエワスリングラム氏が出席した。25カ国に拠点を持つ卸売・食品小売業の国際スペシャリスト、メトロ キャッシュ&キャリーは、今月初めにティラワ特別経済地区で倉庫の建設を開始し、ミャンマー入りした。28,368平方メートルに及ぶ敷地内倉庫の建設は、2018年末までに完了する予定である。初期投資額は1000万米ドル(3億3100万バーツ)で、倉庫には最新の倉庫保管施設と 国際物流システムを備える。
施設には、鮮度と品質を維持するために必要な冷却を確保する冷蔵室が含まれる。 また、新鮮な肉、魚、果物、野菜の貯蔵スペース、オフィスおよび浄化研究所も併設している。ティパラヤット氏は、同社は従業員を地域社会から募集することを優先すると述べた。 しかし、現時点ではスキル不足が大きな課題であると見ている。 これは、新しい市場に参入する多国籍企業によく見られることである。彼女は、メトロが顧客のためにより良いサービスを提供し、食品の安全性を促進するために、農家の潜在力を発揮させることを目指している、 彼女は、地元農産物の調達はミャンマーの農業セクターを促進し、同社の国際調達チャンネルを通じて輸出機会を作り出せると述べた。

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top