News

ミャンマー:ヤンゴン、飲食店の営業を停止し、お持ち帰りのみのサービスに

2020-04-08

 

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)傘下のヤンキン地区委員会が飲食店のオーナーに手渡しされた書簡によると、ヤンキン地区の飲食店は直ちに閉鎖し、お持ち帰りのサービスのみ許可されるという。

Yankin Heightsという飲食店の経営者であるKo Thaw Zin氏は3月28日午後から店舗を閉鎖するよう指示する書簡を受け取ったと語った。この書簡には店舗閉鎖がいつまで継続されるのかは明記されていなかった。

同氏はまた、ヤンキン地区委員会の職員が、拡声機を使用して、新型コロナウイルス感染拡大を予防するため、レストランを閉鎖するよう呼びかけていたと付け加えた。

タムウェ地区にも店舗を経営しているKo Thaw Zin氏によると、同地区でも同様の指示が出されているという。

28日の朝、ミャンマーで有名な喫茶店Lucky Sevenは3月29日までお持ち帰りのみのサービスを行うと発表した。4月は全ての店舗を閉鎖するという。

ヤンゴン市開発委員会は45の地区に対して、各店舗のお持ち帰りのみのサービスにするよう要請した。

「YCDCは従う必要のある命令を出すことはできない。そのため、レストランや小さなお店に持ち帰りサービスのみを要請した。また、コロナウイルスを防ぐために、お客様も私たちと協力する必要がある」とYCDCの共同書記であるU Thanは述べた。

一方、マーケットは依然として営業しており、ヤンゴン市開発委員会は閉鎖の予定はないとしているという。

3月28日の時点で、ミャンマータイムズ紙が語ったヤンゴンのいくつかのホテルは、YCDCからレストランの閉鎖の指示を受け取っていないと述べた。

 

参考記事:https://www.mmtimes.com/news/yangon-restaurants-asked-close-dine-services-operate-take-away-only.html

カンボジア語翻訳者:ホーン

Top