日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

三菱自動車、ベトナムに第2工場を開く
2018-01-24

cats_ybal15日のベトナム人民委員会機関誌「VOV」(電子版)によると、1月15日の午後、ヴォー・ディン・フエ副首相は、三菱自動車工業株式会社の副社長である浩三氏と会見した。

三菱自動車は、自動車の消費と利用に大きな可能性を秘めた第二の自動車工場をベトナムに建設する計画を進めている。副首相は、自動車産業と裾野産業との協力は、ベトナム政府と日本政府の双方が求めている分野であると強調した。

ベトナム政府は、世界貿易ルールと環境保護ルールに従ってベトナムでプロジェクトを実施するために日本の投資家を含めた外国人投資家を支援する好条件を作成する。

浩三氏は、ベトナムは三菱自動車にとって東南アジアにおける重要な生産分野と潜在市場の一つだと語った。また、「若くて熟練した」労働力は、自動車や機械製造の分野においてベトナムの大きな利点であると語った。

三菱自動車は、ベトナムで第2工場を建設し、ベトナムの社会経済開発の支援で貢献する。同時に、将来的にベトナムで環境に配慮した電気自動車を生産する可能性についても話し合う予定である。

ベトナム語翻訳者:キム

Top