日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

外国人投資家の目で見る電力部門
2017-07-06

20170706_Myanpress_02投資企業委員会(DICA)によると、外資系企業はミャンマー投資委員会(MIC)と巨額の電力プロジェクトに投資する可能性について議論している、と7月2日付のイレブン誌は伝えている。「我々は今会談に入っているが、詳細はまだ発表されていない。電力プロジェクトは少なくとも3億ドルの投資であり、一部は最大5億ドルとなっている。彼らは総務省へ来て、政府との会談を終えた後にプロジェクトについて話し合った。」とDICAのサン・ミィッツ副総裁は語った。
「昨年度の外国投資額は10億ドルを下回っていた。今年は巨大な電気事業の可能性があり、もしそれらのプロジェクトが実施されれば目標に到達する」と同氏は述べた。2016-17年に石油・天然ガス部門に外国からの投資はなかった。ほとんどの外国投資は、多くの雇用機会を提供できる製造業にある。同社によると、今年度のティラワ特別経済区では、1億2700万ドル以上の外国人投資が認められ、21億ドル以上の外国投資が行われた。

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top