日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ミャンマー:日本合弁会社ヤンゴンホテル
2017-08-03

27月30日付けイレブン新聞によると、ホテルオークラ株式会社は、2020年までにヤンゴンのアヤヒン
ター株式会社と共同で豪華なオークラ プレステージホテルを開発し、その後5年間で5つのホテルを追加する予定だ。同社は、8月にアヤヒンターの子会社であるヤンゴン技術商業株式会社と契約を結び、藤田コーポレーション、東京建物、ジャパン海外インフラコーポレーションと協力している。
場所はヤンゴン中央駅の近く、オフィスビルやショップがある繁華街で、豪華な390室のホテルとなる予定だ。
ホテルには宴会場、会議室、ダイニングエリア、日本食レストラン、ラウンジバーのほか、シュエダゴンパゴダの景色を望むエグゼクティブラウンジも併設される。ホテルオークラは、2018年までにトルコのカッパドキア、マニラ、プノンペン、サイゴン、バンコク、ハイフォンに新しいホテルを計画しており、グループで100を超える予定だ。ヤンゴンに拠点を置くアヤヒンターホテルは農業生産、建設、貿易、ヘルスケアなどの事業を展開している。

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top