日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

2018年度に外交貿易から290億米ドルを獲得すると予測
2017-06-29

mm_myanpress_20170629_2_large

今年の予算声明によると、2017-18年度には、天然資源を採掘する公営企業が1.8 兆チャット以上の収益を得る見込みである。
2017年4月からと2018年3月の間に、ミャンマー石油ガス企業は1兆6600億チャットを獲得する予定である。第1Mine Industryは127億5000万チャット、第2Mine Industryは264億5000万チャットとなる。ミャンマー・ジェムズ・エンタープライズ・カンパニーは1006億6000万チャットとなり、 合計18億チャットとなった。
声明によると、石油とガスからの1兆6600億チャットの期待利益のうち、オフショア鉱区は14億5000万チャット以上、オンショア鉱区は2140億チャット以上の利益を得る見通しである。
モッタマに位置するヤダナ・プロジェクトは、1996年にフランスのトータルと協力して発足した。Yetagonはタニンダーリ沿岸に位置し、1990-1991年にマレーシアのPCMLとして位置していた。2013年には韓国のデウとラカイン海岸から離れたShweプロジェクト、同じ2013年にタイのPTTEPとのゾーティカプロジェクトが行われた。

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top