日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

Myint連合企業は海底供給基地計画に同意する
2017-06-15

myan_0601_23日付のイレブン新聞(電子版)によると、小規模モデルの海底供給基地をM&AOSBが開発した。

Myint連合海底供給基地企業はMyint連合の子会社で、Ayeyarwady地域のPathein地区、Ngaputaw町にある海底供給基地の建設に500億チャットを投資する予定である、と述べた。
この計画の最初の10年間で250億チャット以上の利益があると予測している。30年間の計画では、Pathein地区のNgayokekaung町、Nanthapu村近くに30エーカーの土地を建てる計画である。この計画はすでに2年前から始まっている。同社の報告によると、この会社は5月19日にミャンマー投資委員会から許可を得ている。
予定表によると、同社は6月から11月の間に土地の整理や環境社会影響評価(ESIA)などフロントエンド工事の詳細調査を行う。また同社は12月に桟橋建設作業を開始する。

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top