日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

ミャンマー:豆と豆類の輸出が前年と比べ減少
2017-08-23

myan08238月9日付のイレブン新聞によると、商務省は昨年ミャンマーが66万トンの豆と豆類を輸出し、輸出額は4億8400万米ドルとなり、前年比では半分以下になったと報告した。昨年の豆の価格は1トンあたり1100-1200米ドルであったが、今年の市場価格は1トン当たり800-900米ドルとなっている。
商工省によると、ミャンマーは4月から7月にかけて25万トンの緑豆(1億9900万米ドル)、1700万トンのグリーングラム(1億3700万米ドル)、14万トンのキマメ(7300万米ドル)を輸出した。
2017-2018年にミャンマーは豆と豆類をインド、中国、日本、パキスタン、シンガポール、マレーシアに輸出した。ミャンマー・ビーンズとゴマ連盟によると、ミャンマーは様々な種類の豆と豆類を約120万~140万トン輸出することが期待されている。
ミャンマー語翻訳者:ニン

Top