日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

カンボジア: プノンペン国際空港、アジア太平洋地域で最も優れた域内空港に
2019-11-27

先週、プノンペン国際空港はアジア太平洋航空センター(CAPA)のアジア太平洋で最も優れた域内空港に選出された。

今回の賞はシンガポールで開催されていたCAPAアジアサミットで授与した。
CAPAアジアサミットには航空業界や旅行業界のリーダーが出席した。

CAPAは、航空および旅行業界向けのマーケットインテリジェンスの大手プロバイダーである。
CAPAが主催する「CAPAアビエーション・アワード・フォー・エクセレンス」は2002年に設立され、航空会社、空港などを10のカテゴリで表彰している。

カンボジア国内の国際空港を管理・運営するカンボジア・エアポート社の声明によると、プノンペン国際空港の航空業界に対する貢献が今回の受賞につながったという。

「独立した審査委員会によって授与した地域空港最優秀賞は、戦略的で最も傑出した地域空港が授与する」とカンボジア・エアポート社は声明を発表し、主に短距離路線に依存している小規模空港からの知名度向上を目的とした賞だと付け加えた。

プノンペン国際空港は小規模空港として、利用客のニーズに対して迅速に対応する能力があるとカンボジア・エアポート社の最高経営責任者(CEO)Alain Brun氏は語った。

「今回の賞はヴァンシグループのもと、カンボジア・エアポート社が過去25年間にわたりプノンペン国際空港を発展させることに成功した証明だ。」と同氏は付け加えた。

Brun氏は同社のモデルには長期的なビジョンと信頼性、継続的な投資が必要であり、それらが利用者数の堅実な成長や重要なインフラプロジェクト、効率的な運営に繋がると続けた。

「カンボジア・エアポート社は増加する発着便数に対応するため、空港インフラストラクチャを強化するため継続的に投資していく。今年の乗客数は600万人に到達すると予想している。」とBrun氏は述べた。

CAPAのピーター・ハービソン名誉会長は、プノンペン国際空港は近年大きく成長していると話し、乗客数は2015年から2018年にかけて50%増加したと加えた。

 

参考記事: www.khmertimeskh.com/50660722/phnom-penh-named-best-regional-airport-in-asia-pacific-by-capa/

カンボジア語翻訳者:ホーン

Top