日本・東南アジア経済交流
ホットニュース

MICは今年度FDIが37億ドルを達成したと報じた
2018-03-02

3943_1518511202661

2月3日付のイレブン新聞によると、ミャンマー投資委員会が50億ドルを授与したにもかかわらず、今年度外国直接投資の実際の流入額は37億ドルであった。

総務省は毎月FDIリストを公表して、2017-18年度にFDIの実際の流入を2回発行した。

1988年−1989年から2017-2018年度の12月までMICは750億ドル以上を授与した。 中国はFDIリストのトップを争い、シンガポールが続いた。 両国とも、主に石油・ガス部門とエネルギー部門に投資してきた。

第2次5カ年国家開発計画(2016-2017年から2020-2021年)の下で、政府はFDI流入、輸出促進、民間部門の役割の促進、地域開発プロジェクトの商業協力と調整への奨励を実施する。

この計画では、財政制度の整備、国際社会との連携、金融政策の策定、投資機会の創出、JV、BCC、BOTシステムによる国営企業の運営を通じて外国人投資家を誘致する。

ミャンマー語翻訳者:ニン

Top