News

ベトナムのM&A活動、来年回復見込み

2020-11-11

企業投資・合併・買収センターによると、今後2年間で、企業の合併、買収(M&A)の力強い復活が見込まれる。

 

ベトナム翻訳

 

市場は、今年51.4%下落して35億ドルになった後、2021年には45〜50億ドル、2022年には70億ドルに回復すると予想されている。

専門家によると、ベトナムは新型コロナウイルス感染症の発生をうまく抑制した後、安全で魅力的な投資先として浮上している。

世界銀行はベトナムの今年のGDP成長率を2.8%と予測しており、ベトナムは東南アジアで経済が拡大する2つの国のうちの1つであり、もう1つはミャンマーである。

国有企業の民営化プロセスは昨年以来行き詰まっているが、政府はすぐに大規模な売却を行うことを望んでいる。

2017~2020年の128の国有企業民営化という計画は予定より大幅に遅れており、これまでに完了したのはわずか29パーセントである。128は、政府が民営化のために特定した177の一部である。

9月、国際的な市場調査会社Euromonitor Internationalは、合併買収環境の魅力指数の観点から、ベトナムを50か国中2番目にランク付けした。

参考記事: https://e.vnexpress.net/news/business/economy/vietnam-expects-rebound-in-m-amp-a-activities-next-year-4187781.html 

ベトナム語翻訳者:キム

Top