News

ベトナム系アメリカ人の企業、ベトナムからより多くの製品を調達

2020-11-17

ベトナム系アメリカ人の企業、ベトナムからより多くの製品を調達

 

 

ベトナム系アメリカ人は、年間収益350億ドル、約31万の企業を運営しており、米国でベトナムからより多くの製品を調達しようとしている。

サンフランシスコのベトナム総領事館、グエン・トラック・トーアン氏はオンライン会議で、約200万人のベトナム人が主にアメリカの西海岸に住んでおり、その多くがさまざまな分野でビジネスを行っており、すべてベトナムの企業と提携したいと考えていると述べた。

「ベトナム系アメリカ人とアメリカの企業がベトナムの企業に農産物と肉を注文するのを見た」とハ・キム・ゴック駐米ベトナム大使は語った。

米国ではベトナム製品の需要が高まっており、ベトナム系アメリカ人が運営する3,000以上の企業がベトナムで事業登録を行っており、その多くが米国で販売代理店を務めているという。

ベトナム税関によると、米国は最初の9か月においてベトナム最大の輸出市場であり、その金額は前年比22.7%増の547億ドルを超えた。

しかし、品質、包装、原産地、労働処理、環境基準に関する非常に高い基準をクリアする課題があるという。

米国の輸入業者はまた、豊富な供給を提供でき、米国の法律や規制をよく理解している長期的なパートナーを望んでいる。

過去10年間ベトナムの商品を輸入しているオレゴンの実業家エイミー・グエンは、多くの問題が未解決のままであると述べた。たとえば、ベトナムのドラゴンフルーツはとてもおいしい食べ物だが、アジア系アメリカ人だけが購入し、白人は農業の質に懸念を抱いている。

ベトナム企業は、品質を最優先事項として長期的にビジネスを行うことを目的として、高度な製造業について自らを教育する必要があると同氏は付け加えた。

会議では、ベトナムとアメリカの企業間で2億ドル相当の6つの覚書が署名された。

 

参考記事: https://e.vnexpress.net/news/business/economy/vietnamese-american-businesses-seek-to-source-more-goods-from-vietnam-4191171.html

ベトナム語翻訳者:キム

Top