ベトナム語翻訳のスキル

ベトナム語翻訳・第37章:ベトナム語翻訳のチェックスキル・パート17

2020-10-29

日本語からベトナム語への翻訳作業終了後、チェッ誤訳やレイアウト崩れなのミスを見つけるのに役立つ重要なステップです。かし、原文に合わせて直訳しすぎると、訳文は不自然で分かりづらくなる可能性があります。

 

ベトナム語翻訳

 

第36章:ベトナム語翻訳のチェックスキル・パート16では表現と語彙を統一するため訳文を原文と一致させることについて述べましたが、文章として問題がないかどうかは話が異なります。従って、最終チェックの段階では、チェッカーは原文をいったん置いておいて、読者の立場に立って翻訳原稿を読んでみます。

 

20.翻訳原稿のみ読む

原文を見ずに翻訳原稿のみ読むことは、翻訳者とチェッカーが翻訳全体で誤訳または不自然な翻訳を見つけるのに役立ちます。さらに、翻訳原稿のみを読むなら、誤りを見つけやすくなります。

そのため、日本語からベトナム語翻訳作業終了後、翻訳原稿を最初から最後まで十分な時間をかけてチェックしてください。原文を見ずに翻訳原稿のみをチェックすることは、翻訳者とチェッカーの両方で気がつかなかったミスを見つけるのに役立ちます。

原文を見ながら翻訳原稿をチェックすると、「なぜこれはこのように翻訳するのか」、「この訳語は適切なのか」など、翻訳の仕方ばかりに注目してしまうからです。

さらに、これは翻訳者とチェッカーが読者の立場に立って最終的な翻訳成果を読む、とても重要なステップです。

 

ベトナム語翻訳

 

原文を見ずに翻訳原稿のみをチェックするとき、翻訳者とチェッカーは次の点に注意する必要があります。

      • 文法的な誤り
      • 不自然な文章
      • 誤解を招く情報
      • 言葉の繰り返し、訳漏れ
      • 主語
      • 専門用語の注釈

誤りを見つけた時には、すぐに修正するのではなくとりあえずメモします。チェックの途中で修正すると気が散ってしまう可能性がありますので、最後までチェックしてから修正した方がベストです。

日本語からベトナム語への翻訳原稿を最後まで読んだ後、翻訳者とチェッカーが見つけた誤りや不自然と感じた箇所に戻り、修正を行います。誤りが原文にある場合もありますので、翻訳の内容が十分で正確なものとなるよう、翻訳者とチェッカーが原文をチェックし、必要に応じて情報を確認、修正、補足を行います。

原文を見ず、翻訳原稿のみをチェックすることは、翻訳者とチェッカーにとってとても重要です。このステップは、翻訳者とチェッカーがタイプミス、綴り、番号付けなどの誤りをチェックするための手順だけでなく、読者の立場に立って翻訳原稿を読む段階となります。

 

ベトナム語翻訳

 

対象読者の立場に立って、文章が理解しやすいかどうかを感じれば、翻訳をより客観的に見ることができます。翻訳者とチェッカーは、原文を見ずに翻訳原稿のみをチェックすることで、できるだけ文章をより自然で、言葉の意味を明確かつ理解しやすく調整することができます。

続く

続きを読む:

第36章:ベトナム語翻訳のチェックスキル・パート16

Top