ベトナム語翻訳のスキル

ベトナム語翻訳・第39章:ベトナム語翻訳の際、自分のスキルの向上・パート1

2020-11-10

日本語からベトナム語への翻訳は、一般的な文書だけでなく、特定の専門的な文書も多く含まれます。これらの文書は専門性が高く、翻訳者とチェッカー両方が専門的な知識と応用力を持っている必要があります。

 

ベトナム語翻訳

 

現代の社会では、医療は他の業界と共に高速で発展しているため、医療に関する多くのドキュメント類を深く理解する必要性も高まっています。そのニーズに応えるため、翻訳者とチェッカーも特定の専門知識が必要です。

 

1.医療翻訳とは?

製薬および医療業界での翻訳作業は医療翻訳と呼ばれています。国内外の製薬・医療機器事業の発展と共に、レポート、報告、企業間のビジネスメールなどの翻訳ニーズも高まっています。国際的な学術雑誌に掲載された医師や研究者の記事、会議プレゼンテーション用のパワーポイントスライドも翻訳する必要があります。

製薬に関するいくつかのドキュメントの種類:非臨床試験の計画または報告(動物実験)、副作用の報告、添付資料、医者と患者のためのパンフレット、論文、社内の操作手順、契約、プレスリリース、ビジネスレポート、会議の資料など

他には機器のマニュアル、メンテナンス手順、機器販売-レンタル契約なども多くあります。医療に関する知識に加えて、翻訳者とチェッカーはコンピューターと機械設備に関する知識も身に着けることが必要です。

一般的に、医療分野に関するドキュメントを日本語からベトナム語へ翻訳するニーズの増加と共に、広告プランの提案、マーケティング調査などの医療業界および製薬業界向けの翻訳案件も多くあります。

 

2.医療翻訳の特徴

「規則の業界」は、医療翻訳の特徴を表すのに最適な言葉です。これらの翻訳は読者の生活と知識に影響を与える可能性があるため、医療翻訳ほど正確さを求められる他の分野がないといっても過言ではありません。

たとえば、作動薬は刺激薬を意味しますが、翻訳する際、検索すると「Agonist」という単語しか出てきません。医療の専門用語は通常の辞書で検索することができないため、医療翻訳には医療的知識が必要となります。

 

ベトナム語翻訳

 

 医療領域で日本語からベトナム語へ翻訳する際によく遭遇するいくつかのドキュメント類:

      • 非臨床試験の手順と方法(動物実験)
      • 新薬の製造販売承認の申請に必要な非臨床試験
      • 薬物使用の指示
      • 薬事関係法に基づいて作成された法的根拠の伴う医薬品情報

実際、参考用の公式資料はたくさんありますので、翻訳者が利用できる資料リソースも非常に豊富です。それらの資料はインターネット上で公開され、誰でも無料でアクセスできます。翻訳者とチェッカーは、訳語を決める前に、適切かつ正確な情報源を選ぶ必要があります。同時に、検索を通して、自分自身の知識を増やすことも必要です。

続く

続きを読む:

第38章:ベトナム語翻訳のチェックスキル・パート18

第40章:ベトナム語翻訳の際、自分のスキルの向上・パート2

Top